2011年10月30日

スマートフォンホームページ作成三重Google CEO Larry Page 氏、Microsoft を批判

世界経済の回復が鈍化しているなか、Google のビジネスは引き続き成長を見せた。Google の成長は、同社の Android OS の成功によるところが大きい。

2011年の第3四半期、Google は97億2,000万ドルの売り上げを報告した。これは、前年同期比33%の成長となる。Google は自身のサイトから全体の69%の収益をあげている。純利益も増加しており、2010年の21億7,000万ドルから27億3,000万ドルとなった。

Google の成長に推進力を与えているのは、Android OS によって支えられている同社のモバイル戦略だ。業績発表の席で Google CEO の Larry Page 氏は、Android と成長を続けている Android パートナーのエコシステムに大変興奮していることを強調した。

一方、Page 氏 は、Microsoft が Android ベンダーを悩ませている件についても触れた。HTC や Samsung といった複数の Android ベンダーが Microsoft と Android の特許の件で合意している。HTC と Samsung は、Microsoft と Windpws Phone でもパートナーとなっている。

「Microsoft は法的な手段に頼り、彼ら自身のパートナーを悩ませることでスマートフォン市場での競争力を得ようとしている。おかしな話だ。我々は、まだ契約の詳細を見ていないが、パートナー各社が Microsoft に都合の良い契約をしたのではないかと疑っている」

Page 氏は、Android への攻撃が成功していることを示す兆候は今のところ何もないという。Google は、モバイル特許ポートフォリオを Motorola の買収で増強するプロセスの途上にある。

「われわれは、Android エコシステムの保護に本気だ。Android が信じられないほどの成功を続けると確信している」

Page 氏が熱心に取り組んでいるもう一つのプロジェクトは、Google+ ソーシャルネットワークサービスだ。Page 氏は、サービス開始後、4,000万人のユーザーが登録したと公表した。

「人々は Google+ に驚くべきペースで集まってきてくれた。そして、このサービスは、まだ始まったばかりなのだ」

Page 氏はまた、 Google+ にはすでに34億枚の写真がアップロードされていることも明かした。Google+ の早期の成功にも飽き足らず、 Page 氏はまだまだ次があると語る。

「Google の究極の目的は、顧客の Google 体験すべてをもっとシンプルで『オートマジカル』なものにしていくことだ。Google には顧客が望んでいるものを理解し、それを瞬時に届ける能力がある」
posted by スマート三重 at 00:25| Comment(0) | スマートフォンホームページ作成三重 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。